離婚の養育費を払うことになったら読むサイト

サイトメニュー
  
扶養控除について
  
払わない方法は?
  
子供2人だった場合
  
無職でも払う?
  
調停離婚の養育費
  
養育費の決め方
  
           
 
   

離婚をした後の養育費を請求するために相場を考える

 もし離婚をすることになってしまったなら、それはそれで仕方のないことでしょう。夫婦の間で十分に話し合った結果としてそのような決断に至ったわけで、そのことについては他の人がとやかく言う資格はありません。後は手続きに従ってやっていくのみとなります。 ただし、そのようなことになった際にも、夫婦の間に子供さんがいらっしゃる場合でしたら、離婚後もその子供さんのことは常に考えてあげなければなりません。このことを考えないで離婚をするケースが非常に多くあり、その場合のしわ寄せが子供さんに全て廻ってくることになっています。そのことだけは、子供さんのことを考えますと絶対に避けなければならないことでしょう。 離婚後は片親だけで生活をすることになるということを考えて、またその子供さんが成人するまではフォローはしてあげたいものです。そのようなことから養育費を請求した方が良いでしょう。通常であれば、教育費や生活費を考慮して、一人当たり月に3〜5万円が相場となるでしょう。ですが、旦那の不貞行為が原因で離婚となった場合はそれに加えて損害賠償も請求できるので、怪しいなと思ったら離婚話をする前に興信所などを使って念のために調査をしてみるのもいいかもしれません。

離婚時の養育費の契約書の残し方(公正証書)

離婚時には未成年の子供がいる時は、必ずと言っていい程養育費の問題が生じます。折り合いがつかず、離婚調停になる場合も裁判離婚になる場合も有ります。そして養育費の金額について合意が着いたとしても、未払いになる事も多く見かけます。しかしただの合意書面だと、何の効力も有りませんし、書面を残していないのであれば余計に効力も強制力も有りません。その対応策の1つとして、養育費支払いの契約書を公正証書で残すと言う手段も有ります。公正証書は裁判判決と同じ位の強制力が有りますので、それに払えなければ財産を差し押さえる等の1文を沿えれば、相手の財産を裁判無しで差し押さえる事も可能です。しかし公正証書での契約書を作成するには、夫婦両者の署名捺印が必要ですので、支払う側の合意も必要です。2人で公証役場へ行き、文言を確認の上署名捺印をします。それだけ重い書類ですので、支払う側が無知識でない限りは、書類作成までの話し合いは時間がかかります。しかし1度作成すると、効力は絶大で裁判に比べたら経済的な契約方法です。

離婚の際に気をつけたいことは、子供の養育費の期限です。

 離婚を決断するということは、それが男性の側であれ女性の側であれ、どちらにしても勇気のいることとなります。夫婦間でいがみ合いがあったにせよ、それでもそれまでは二人の力で生活をしていたことになります。それが離婚を期に一人で生活を送らなければならないことになってしまいます。そのようなことがあるにも関わらず離婚を選択することにならざるを得ないということは、相当大変なことが今までにあったということになります。 そのことについて特に気をつけておきたいことがあります。それは、もし夫婦の間に子供がいた場合ということになります。夫婦の問題について、子供ははっきり言って罪はありません。むしろ被害者となるケースが殆どとなります。子供にとって大変なことは、これからの教育や生活が保障されるかどうかということになります。 最近は高校を卒業した後の進路も考えないといけない時代です。ですからそのあたりの年代になるまでを期限として養育費を請求していきたいものです。

離婚後、子供の養育費が減額される要素とは

離婚して、子供を引き取らなかった場合、その子供の養育費を支払う義務が発生します。これは、離婚しても親子関係にある以上、子供の生活を保障しなければならないという考え方に基づいています。ですので、引き取った親が十分な所得や資産を持っていたり、引き取らなかった親が困窮していたりといったことは養育費の支払い義務自体には関係がありません。一方で、離婚の際に養育費の支払いをしないと取り決めていても、引き取った側の親が経済的な困難に陥った場合は支払いをする義務が発生します。これは自己破産をしても解消されない、非常に強い義務なのです。しかし、支払うこと自体はともかく、裁判所の調停によって減額が認められるケースもあります。それは、取り決めた時との経済条件の変化があった場合です。引き取らなかった親の会社の業績の悪化や失業などで収入が大きく減少した場合や、引き取った親が離婚後収入や資産を大きく増やした場合。また、引き取らなかった親が、再婚して子供が出来た場合、扶養家族が増加したことを理由に減額が認められることもあります。特に最後の例は、離婚自体に負い目がある場合、尻込みしてしまうかもしれません。しかし、自身の権利を行使することで、新たな子供の生活を守ることを考えるべきです。

Copyright (C) 2013 離婚の養育費を払うことになったら読むサイト All rights reserved.
| | | |